ゲノム医療総合推進センター
について

ゲノム医療総合推進センターについて

ゲノム医療総合推進センターについて

部・部長 副部門長
センター長 金澤 右
(病院長)
副センター長 豊岡 伸一、
平沢 晃
診療支援部長 平沢 晃
人材育成部長 豊岡 伸一
(教育担当副病院長)
平沢 晃
(統括・遺伝医療)
河内 麻里子(医師)
蓮岡 佳代子(看護師)
武田 達明(薬剤師)
井上 博文
(臨床検査技師)
山下 範之(IT支援)
生体試料・
情報管理部長
山本 英喜
研究開発部長 冨田 秀太
臨床応用部長 遠西 大輔

1.診療支援部

「がんゲノム医療外来」と連携し、各種のがん遺伝子パネル検査の提供体制構築と運用を支援し、患者さんにとっても、医療従事者にとっても負担の少ない環境を整備することで、がんゲノム医療の社会実装に取り組んでいます。 また、「遺伝カウンセリング外来」と連携して遺伝性の病気に関して遺伝カウンセリング、遺伝学的検査、マネージメント、登録事業などを通して、院内外の連携体制を構築しています。岡山県がん診療連携協議会やゲノム医療の当事者団体とも連携し、ゲノム医療や遺伝性腫瘍に関する市民啓発活動や研究への患者・市民参画(PPI:Patient and Public Involvement)活動を展開しています。

2.人材育成部

医師・看護師・臨床検査技師・薬剤師などの医療従事者のみならず、遺伝カウンセラーやソーシャルワーカー、分子遺伝学やゲノム科学、バイオインフォマティクスに関する専門家や病院事務職員を対象とした講演会や研修会・情報交換会を通して、ゲノム医療に関するリテラシーの向上と、多職種が一体となったゲノム医療体制の整備を進めています。

2.1.看護師育成担当

患者さん・ご家族に必要な支援を行えるよう、看護師もゲノム医療に関して知識を習得していく必要があります。これまで行ってきた看護支援を基礎にして、がんゲノム医療や遺伝・遺伝看護について学び、患者さん・ご家族がその人らしく生活していくための支援を行えるよう、勉強会の企画、教材の作成など学ぶ機会を提供します。そして、多施設と連携して継続看護が行えるような体制づくりを目指します。

2.2.臨床検査技師育成担当

遺伝子パネル検査で必要とされる検体の取扱いや体制の整備ついて、最新の情報を提供するとともに、自ら考え改善できる臨床検査技師の育成を支援しています。ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)ブロックから抽出される核酸品質と収量は遺伝子パネル検査に影響を与えるため、病理検査のための細胞・組織形態保持とともに、ゲノム検査を考慮した検体の処理が求められており、関係する医療従事者に重要なポイントをわかりやすく伝えるように努めています。

2.3.薬剤師育成担当

遺伝子パネル検査の結果、治療選択肢として提示された治験や医師主導試験等のプロトコルを精査し、当該患者のエントリーについて適切な助言を行う事が求められています。遺伝子パネル検査を正確に理解するとともに、最新の治験情報の収集方法や情報の管理について対応できる薬剤師の育成を支援しています。

2.4.IT支援担当

ゲノム医療を院内ならびに院外と連携して進めるためには、専門領域の異なる多職種の皆様と正確かつ迅速に情報を共有する必要があります。セキュリティの三原則(機密性・整合性・可用性)を守りながら、一方で使い勝手のよい・ユーザーフレンドリーな仕組みを構築することで作業効率の向上とインシデントの低減につながります。また持続性(sustainable)や作業履歴の遡求性(traceable)にも考慮したシステムの選定・導入を行っています。

3.生体試料・情報管理部

ゲノム医療の実施に必要な情報管理を担当しており、目的に応じた安全な情報網整備を行っています。がんゲノム医療で必要ながんゲノム情報管理センター(C-CAT)や連携病院との情報共有では、3省3ガイドラインに準拠した環境整備を進めて、ゲノム医療の推進に必要な安全で円滑な業務の進行を支えています。倫理条項に基づいた個人情報保護や同意書類の管理、セキュリティ対策なども実施しています。また岡山大学病院バイオバンクと連携して生体試料と診療情報を管理・利活用する仕組みを構築し、ゲノム医療の進展に寄与することを目的としています。

4.研究開発部

急速なバイオテクノロジーの進展を踏まえて、最新の遺伝子パネル検査やリキッドバイオプシー等の開発や臨床実装における技術的課題を解決すべく、院内外のゲノム解析センターやバイオバンク・検査部と連携し、ゲノム医療提供体制の整備を進めます。またAIを含む情報処理技術の効率化と高度化に対応した解析環境を整備し、オミックスデータ解析支援による医科学研究の推進や最適な治療に関する情報提供によるエキスパートパネルの支援を行います。

5. 臨床応用部

ゲノミクス技術を用いた院内での臨床研究、トランスレーショナルリサーチ(橋渡し研究)の推進を行います。臨床検体を用いた最先端の遺伝子解析を行う事で、臨床上有用なバイオマーカーの開発や、新規の治療ターゲットを発見し、更にその発見を臨床実装に移す、また基礎研究への逆橋渡しをする事で、当院全体の研究レベルの底上げを目指します。 一方、臨床においてはゲノム検査の拡大に対応すべく院内整備を行い、また当院独自の遺伝子パネルを開発、検証を重ねる事で、更に包括的な遺伝子検査が利用出来るように臨床試験を行います。こうして当院でゲノム検査を受ける全ての患者様に、より良いゲノム医療の提供を行います。

患者さん・一般の方
外来受診について

外来受診をご希望の方は、受診の流れや診察日・費用・予約についてご確認いただけます。

ゲノム医療総合推進センター 
医療連携病院一覧

ゲノム医療総合推進センター 医療連携病院一覧